blog

ブログ一覧

質量分析の基礎、イオン化編:大気圧化学イオン化(APCI)

 現在、LC/MSに用いられているイオン化法は、エレクトロスプレーイオン化(electrospray, ionization, ESI)を中心に、大気圧化学イオン化(atmospheric press...
もっと見る

オンライン脱塩チューブ自動切換え装置:JASISで展示!

リン酸塩緩衝液など、不揮発性緩衝液条件下でのオンラインLC/MS分析を可能にする「オンライン脱塩チューブ”ソルナックチューブ”」、5年ほど前からアルテア技研株式会社を主代理店と...
もっと見る

オンライン脱塩チューブを応用した論文

エムエス・ソリューションズで開発して特許を取得した(現在権利は、私が代表を務めるもう一つの会社”プレッパーズ”に譲渡)、オンライン脱塩チューブ”ソルナックチューブ&...
もっと見る

早稲田大学でのLC/MS技術指導:マススペクトル解析

数年前に、早稲田大学の天然物系の研究室で、学生たちのLC/MS技術指導を数年間に亘って依頼された事があり、指導の様子を前のホームページのブログに書いていました。その1つを少し編集して、新しいホームペー...
もっと見る

分析目的と質量分析計の種類について-1

今回から数回に亘って、何かの試料を質量分析する時、その目的に応じてどのような質量分析計を使えば良いのか? という内容について解説します。なかなか広い話になるので、何回かに分けて、書き進めていこうと思い...
もっと見る

CE-MSによるアミノ酸混合物の測定データ

前のブログに、アメリカのベンチャー908devices社が開発したマイクロチップベースのCE-MSインターフェースの販売協力をする事になったという記事を載せました。 今日は、その製品を使ってアミノ酸...
もっと見る

CE-MSインターフェース”ZipChip”の販促協力

アメリカのベンチャー”908devices社”が開発したマイクロチップベースのCE (Capillary Electrophoresis)-MS (Mass Spectrome...
もっと見る

ESIとAPCIの脱溶媒プロセスの違い

LC/MSで用いられるイオン化法の代表例を二つ挙げるとすると、殆どの人がESIとAPCIを挙げるでしょう。 殆どのMS装置メーカーからLC-MS装置が販売される時、ESIが標準でAPCIがオプション...
もっと見る

LC/MSコンサルティングの実例:ゴーストピークについて

この話は、大分前にLC/MSのコンサルティングでお邪魔したクライアントさんのところでの実例です。 装置は四重極―飛行時間質量分析計で、新しく分析系を構築する際のコンサルティングの仕事でした。とこ...
もっと見る
ページトップ