blog

ブログ一覧

自転車は車道の左端走行が原則って事を知らないドライバー(;`O´)o

昨日の夕方、浜松医科大学での仕事を終えて、ロードバイク(自転車)で浜名湖近くにある宿舎に向かっている時の事、いつものように浜松環状線の車道左端を走っていたら、後ろに黒っぽい軽自動車が付いてクラクション...
もっと見る

分析目的と質量分析計の種類について-3:質量分析部(QTOF & Or...

バイオマーケットJPに掲載しているコラムを更新しました。 https://biomarket.jp/lcms/yt-content051.html
もっと見る

分析目的と質量分析計の種類について-3:質量分析部(飛行時間)編

表題の内容で、バイオマーケットJPにコラムを書いています。 ご興味あれば読んでみてください。
もっと見る

LC/MS/MSにおける偶数電子イオンのフラグメンテーションについて-...

前回の投稿に引き続き、LC/MSに用いられるESIやAPCIなどで主に生成する、[M+H]+, [M+NH4]+などの低エネルギーCIDによるフラグメンテーションについて、今回は電荷移動の考え方を解説...
もっと見る

浜松で久しぶりのロードバイク移動:厳しい遠州おろし

浜松医科大で仕事をするようになってもう5年ほどたちますが、浜松での足として古いロードバイクをもってきています。 最寄り駅と大学間の移動に使ったり、宿舎(浜名湖の近く)と大学(約20 km)を直接行き...
もっと見る

LC/MS/MSにおける偶数電子イオンのフラグメンテーションについて-...

これは、以前のホームページに掲載していた記事の再投稿です。 質量分析計特にGCやLCとのハイフネーション装置であるGC-MSやLC-MSは、現在定量分析に多く用いられています。しかし、質量分析は...
もっと見る

2022年仕事納め

2022年も、残すところ今日を除いてあと3日ですね。 今日が仕事納めと言う会社が多いと思います。私も今日が仕事納めです。 子ども達が小さい頃は、兄の家族と実家に集合して、両親も含めて正月はスキーに...
もっと見る

リン酸塩緩衝液を用いたLC/MS受託分析

エムエス・ソリューションズでは、数年前から不揮発性緩衝液条件でのLC/MSを可能にする”ソルナックチューブ”を開発、主にアルテア技研株式会社様を通じて販売しています。 大...
もっと見る

分析目的と質量分析計の種類について-2:イオン化編

前回に引き続き、分析目的と質量分析計の種類について書いてみます。今回は、予告通りイオン化にフォーカスします。つまり、どんな分析の時にどのイオン化を使うのが良いか、という内容です。 本論に入る前の前提...
もっと見る
ページトップ